型に当てはめるのを止めない限り、彼も自分も見つからない

パーソナルカラー診断

骨格診断をはじめとした診断

〇〇タイプ表

〇〇占い のように

何かしらにカテゴライズするもの

世の中溢れてるでしょ。

自分はどれに当てはまるのだろうって

面白半分でやってみたことは

誰にでもあるでしょ。

面白半分でやることは

全然よいことだけど

この結果を信じすぎて

自ら負のスパイラルにズブズブと、、

とにかく日本人に多すぎる。

こういったカテゴライズは

あくまで人がなんとかこじつけ

作りだされた

ビジネス商法でしか ない。

診断も占いも

ただの商売。

作った人の理屈が体系化され

商品となった。

ただそれだけ。

皆んな誰かの理屈に振り回されて

私はこのタイプ と信じ

どんどん自分をややこしくしてる。

私はストレートだ

私はイエベだ

私はウインターだ

もう

何言ってんだか。

自分がどのタイプなのか

こういう くだらんことに

こだわることを止めない限り

本当の自分が何を求めてるのか

本当の自分の生服は何なのか

本当の自分が好む男性ってどんな人なのか

永遠に分からない状態が続いて

当たり前 だよ。

自ら他人の作った理屈の枠にはまり

自分を失くしてること

気づいてる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です