服を変えられない人は、理想の相手と結婚できない

「いい人と結婚したいんです」

「理想の人と結婚したいんです」

婚活している男女から

私がよく聞いていた言葉です。

私はいつもそう聞かれたら

こう答えていました。

あなたにとっていい人ってどんな人?

あなたの理想の人ってどんな人?

ほぼ100%

答えられる人はいませんでした。

ただただ漠然と

いい人がいい。

理想の人がいい。

そう思っているだけでは、

あなたにとっていい人でなくても

あなたにとって理想の人でなくても

誰かにとっていい人

誰かにとって理想の人 が

あなたの前に現れます。

当然あなたにとってその方は

いい人でもなければ

理想の人とはみえないでしょう。

でもそれは

あなたがそう願った結果。

あなたにとって

いい人の基準も

理想の人の基準も明確ではないから

いつまでたっても

あなたにとって

いい人も

理想の人も

現れることはないのです。

じゃあ自分にとってのいい人

自分にとっての理想の人

はっきりさせようとしても

それはわからないでしょう。

なぜなら

あなたは今

自分の生服さえ分からないからです。

自分の生服が分からないまま

いい人探し

理想の人探しをしても

見つかることはありません。

例え見つかっても

しばらくして

この人違う!!

となるでしょう。

生服とは

あなたのベース

あなたの核がカタチになったものです。

あなたのベースである生服が

例えば誰かの価値観で選ばれていたら

どうなりますか?

誰かの理想の人しか

あなたの目の前には現れません。

永遠に です。

本来の自分の生服が分かれば

いい人って、えーっと、、、と

悶々と考えなくても

ストンと分かってしまうので

自然とあなたが求めるいい人

あなたが求める理想の人が

勝手に現れてくれます。

そしてあなたは

その相手とどう関わっていけば

親密になれるのか

悶々と考えなくても

勝手にできてしまいます。

いつのまにか

理想は現実となる。

これは夢ではないのです。

ただただ自分の生服を知る。

それだけなんです。

婚活をややこしくして

幸せな結婚を遠ざけているのは

実は自分だったり

誤った情報だったりするんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です