収入が増える!?あなたの人生が変わる『生服(せいふく)』の買い方 3

女性の顔

3.人まねじゃない服を買うこと

人には誰にでも、得意、不得意があります。

どんなに頑張っても、努力しても、
苦手なこと、弱点は誰にでもあるものです。

ところが日本の教育では、
家庭でも社会でも苦手なことや弱点に注目し、
それらを克服することこそ美徳とされています。

これが服の買い方に例えた行動とすると、
オシャレが苦手なんだけど、自己流で服を選んだ結果、“お金も時間も散々使ったのに、
いまいちの服”しか手元にない!ということになるのです。

そこで、自己流で克服できないなら“自分以外の人を参考にする”

服の買い方で言うなら、
自己流で選ぶよりお店の人や友人、
親などが直接薦める“推薦品”や自分が憧れている人が着ていて素敵な“成功品”を自分に取り入れたりしますが、

多くの人がやってしまう、この行動に実は大きな落とし穴があり、
これによって“ますます自分にとって、いまいちの服”を増やすことになるのです。

苦手がより苦手に。解決どころかより迷走 状態になるのです。

例えば、あなたが数学が苦手な受験生だとします。

独学ではどうにも克服できない。そんな時、塾に通ったり家庭教師をつけたりしますよね。

そこで、あなたが選ぶ塾や家庭教師は、どういう基準で選んでいるでしょうか?

多くの方が、数学が得意な先生や、家庭教師なら、志望校の在校生に教えてもらいたい
思うのがほとんどでしょう。

なぜなら、それが、一番数学が得意になれて、志望校にも受かりやすいと思うからです。

しかしながら、このような基準で教えてもらう人を選ぶと、かなりの確率で
「一番適した指導者を選んだはずなのに、全然成績が上がらない」ということになるのです。

なぜなのでしょうか?
それは、“教えてもらう相手を、根本から間違っているから”です。

多くの方が勘違いしていること。
それは、数学が得意な人が、数学が苦手な人を得意にする力があるわけではないということ。

志望校に受かった人が、あなたを志望校に受からせる力があるわけではないということ。

あくまでその人たちは、“数学が得意で志望校に受かった実績があるだけ”なので、
他人であるあなたを、自分のように得意に、合格に向かわせる能力があるわけではな
いのです。

これはおしゃれに関しても同じです。服の買い方でも同じです。

あなたが自分よりセンスがあるなと思う人に、
「私をあなたのように素敵にして」といっても、
その人は、自分を素敵にする方法は知っていても、あなたを素敵にする方法は分からないということなのです。

女性

あなたが素敵だと思った人が買っているものを、
あなたが同じように買っても、
その服は、あなたが憧れている人を素敵に見せても、あなたを素敵に見せるものではないのです。

あなたが買う服は、誰のためのものですか?
他でもない、あなたのためのものです。

憧れの人を輝かせても、あなたを輝かせることはない服、まだいりますか?

最新の服でも、今と変わり映えのしない服、まだ買いたいですか?

勉強も、スポーツも、習い事も、そしておしゃれも、あなたの力を開花させる能力がない指導者を選ぶと、ますます苦手に、ますます自信がなくなります

苦手なものが得意になるか、嫌いなものが好きになるかは、参考にするもの次第といっても過言ではないのです。

あなた自身が憧れられる側になれる服が“分かる”人のアドバイスを得て、
人まねじゃない服を買うことことが、あなたの人生ががらりと“良い方向へ”変わる機会になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です